債務整理の手続きの流れについて

債務整理の手続きの流れについて

債務整理の手続きの流れについて

債務整理とは多重債務の状態に陥ってしまった、あるいは収入が減ってしまい借金返済を維持していくことが困難になってしまった場合に行う手段です。基本的には債務を免除または減額してもらうことを目的としています。債務整理には借金返済の目途が完全に立たなくなってしまった場合の『自己破産』、住宅ローンなどが残っている場合に債務を減額してもらい、自宅を残しながら借金を返済していく『個人再生』、依頼した弁護士に債権者と交渉してもらい債務額を減額して返済していく『任意整理』そして払い過ぎた返済費の返還請求を行う『過払い金請求』という4種類の手続きが存在します。そして、それぞれ手続き方法は異なっています。まず法的なものである自己破産と個人再生については裁判所に申し立てるものとなります。自己破産の場合は、まず申立書と添付書類を裁判所に提出します。1週間あるいは2週間程度で裁判所から破産手続き審問の連絡がきます。裁判所への出頭日時が指定されていますので、この指定日時に絶対遅れないようにすることが重要です。破産に関する審問では、提出した申立書の記載内容についての確認が行われます。その後問題が無ければ破産宣告の通知があり、同時に免責許可申請へと移行します。この免責許可申請は自己破産において一番重要な手続きであると言えます。というのも、この免責許可が下りなければ借金が免除されないからです。破産時のように裁判所に出頭しての審問は行われませんが、各債権者に対して申立人の免責許可に対する異議申し立ての有無について問い合わせがあり、そこで異議等が無ければ免責許可が下り借金が法的に免除される流れとなります。個人再生の場合では、裁判所に申立書提出後まず再生委員面接が行われ、その後個人再生開始が決定されます。この決定は各債権者にも送付され、各債権者はそれぞれの債権額を裁判所に提出します。続いてこの債務に対する具体的な再建方法や弁済方法、借金返済の計画を再生計画案としてまとめ裁判所に提出。再生計画案が法律上の要件を満たしていれば個人再生計画が認可される流れとなります。任意整理については弁護士が債権者との交渉手続きを行うことになります。また、過払い金返還請求については、債権者から取引履歴を取り寄せ、法定利息への引き直し計算を行った結果過払い金が発生している場合には、相手に対して過払い金返還請求通知書を送付。通知書到達後電話での交渉が始まります。ここで交渉がまとまれば数か月後に返金がありますが、交渉で折り合いがつかない場合には、裁判所に相手の貸金業者を被告とする『過払い金返還請求訴訟』を起こす流れとなります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理の手続きの流れについて関連ページ

債務整理を行う条件とは

債務整理は債務に対して収入が少なくなったり無くなったりすることで返済が困難または不可能となったさいに行なわれるものです。債務整理といってもいくつかの種類があり、債務額やその性質によって選ぶ必要があります。債務整理のうち減免額が少ないものとしては任意整理があります。任意整理は条件はありませんが債務の支払いが困難になっているものの元金であれば返済が可能といった場合に行なわれます。また支払った金利の再計...

債務整理を司法書士にを依頼できるケースはこちら

債務整理というのは、借金が積もって毎月の支払いがむずかしくなってしまった人が、生活を建てなおすために、これまでの債務の支払い条件をゆるやかにしてもらったり、場合によってはその一部や全部を免除してもらったりすることをいいます。こうした債務整理は、もちろん借金をしている本人がみずから債権者である貸金業者や銀行などと交渉をして行うことも可能ですが、もともと信用力がない以上、話し合いという方法で相手にして...

債務整理するなら電話相談からはじめてみる

多重債務を抱えている人は借金問題で苦しんでいる人もたくさんいます。特に複数の消費者金融から借入をしている場合には、借金の返済を月に何度もしなければいけません。精神的にも金銭的にも負担が大きくなります。返済期日を管理したり、借入残高を把握したりと問題点も多くなります。借入に関して困っていることがあれば、専門家に相談してみるといいでしょう。一人で悩んでいるよりは解決策を提案してくれます。また、返済のた...

任意整理による債務整理に必要な期間

債務整理といっても様々な方法がありますが、中でも任意整理は個人再生や自己破産手続きと比べても比較的短期間で和解に至ることが多い債務整理の手段となっています。理由としては、任意整理は個人再生や自己破産と違って、裁判所の手続きが不要ですから、必要とされる書類であったり、手続きも必要がないという点を挙げることができます。もしも、うまく任意整理が進めばおよそ2か月程度の期間で和解になって、問題が解決する可...

債務整理について比較検討しました

債務整理をしたいと考えた時、まず弁護士事務所や司法書士事務所に相談をする事がお勧めです。債務整理は個人でも可能とされますが、慣れない手続きをしていく必要があるだけでなく、業者との交渉も個人で行っていく事になります。個人で行うメリットは、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼をするよりも、必要な料金が安くて済む事です。自己破産の場合、弁護士事務所に依頼をすれば40万円以上必要になる事も少なくないのに対し...

債務整理を行う際に生じるリスクは微々たるもの

債務整理を行う際に生じるリスクは微々たるものであり、それによって手段を行使した債務者が後の日常生活大きな悪影響を受けるなどといったことはまずありません。手段を行使した後でも普通に日常生活を過ごすことが出来ますので安心して利用することが可能です。基本的に、債務整理は法律的な解釈でも債務者に対して非常に有利に働く手段だと考えられていますのでこの手段によって債務者が不利な立場に立たされてリスクが増大する...

債務整理をして後悔したことはありますか?

債務整理の方法には、自己破産のほかに個人再生、特定調停、任意整理の4つがあります。それぞれのメリットもありますが、メリットばかりではありません。当然デメリットも生じてきます。その大きさに違いがあります。任意整理は一次的にローン契約などが結びにくくなる傾向にあります。しかし完済が前提となっているため、完済してしまった後は徐々に信用が回復している人も多く、債務整理の中でも一番デメリットが少ないと考えら...

奨学金の特徴と返済が困難になった時の債務整理の方法とは

奨学金は、経済的な理由が在り、修学に困難と認められた学生に対して貸与されるお金で、学校を卒業後に返還されたお金は、後輩の為に活用されると言った特徴を持ちます。貸与されるお金と言う事からも返済が必要になって来ますが、奨学金も一種の借金として考えた場合、返済が困難になった時などは債務整理を行う必要が出て来ます。尚、債務整理には任意整理と呼ばれる方法が在りますが、奨学金は貸金業者などと同じく任意整理が難...

債務整理が必要かシュミレーションしよう

借金をコツコツ返済している方は、定期的にシュミレーションをしています。あるとき急に債務が膨れ上がって返済不能に陥ることはありません。少しずつ債務が増えていき、返済が厳しくなってくるのです。失業やリストラした場合は別ですが、給与が変わりないのに返済が厳しくなってくる場合は、追加融資を受けている可能性があります。追加融資を受けるほど債務は増え、借入残高と利息は増えてしまうのです。借入が少額のときは利息...

借金問題における債務整理とは

借金問題は昔からあるものですが、近年その借金問題で金融事故を起こしてしまうケースが多発しています。そのほとんどが、借りすぎによる借金の返済不能状態に陥ってしまうものですが、インターネットの普及などで今までよりもよりお金を借りやすくなったことも影響しているのではないでしょうか。債務整理とは、その返すことが難しくなってしまった借金を、何とかして返済負担を減らしながら返済していったり、または完全に返済で...

債務整理の一つ、個人再生について

借金をする中で、これ以上、返済をしていく事が難しいという状態になってしまう事は珍しくありません。その場合に、考えておきたいのが、債務整理です。借金というのは、自己責任の為、お金を借りた本人が解決をしていかなければいけないと考え、返済が難しい状態になっても、その悩みを一人で抱え込んでしまう人は少なくありません。ですが、弁護士等、専門家に相談をし、債務整理を行う事で、現在の状況を改善していく事が可能と...

借金の時効と債務整理の関係

借金を返済できなくなったさいに行うのが債務整理です。債務整理といっても任意整理、自己破産、個人再生などさまざまな方法があり、また弁護士や司法書士に依頼すると相応の費用を負担しなければなりません。一方で借金には時効があり条件を満たすことで借金そのものを無効にしてしまうことが可能です。借金の時効は、通常は5年または10年を経過した場合にその権利が発生するものです。年数が5年または10年となっているのは...

債務整理によって起こり得るトラブルについて

借金問題に悩まれている方の中には、債務整理を検討されている方も居られると思います。しかし、債務整理を行うにあたっては、借金の返済負担を軽減出来るメリットだけでなく、様々なデメリットも受け入れる必要がありますので、慎重に検討してから手続きを実行することが必要です。債務整理は借金の返済負担に苦しむ債務者にとっては有り難い制度ですが、それによって周囲との思わぬトラブルが発生してしまうケースもあります。ト...

債務整理には自己破産以外にも、任意整理etcの手続きがある

様々な消費者金融のサービスを利用することで、一時的に資金不足の穴埋めをすることが可能になりますが、まとまった現金が手に入る当てがなければ、支払いをしていくことに困る事態が起こると言えます。消費者金融から借り入れをして、返済できなくなったときの解決方法としては、法律家に相談することで債務整理の手続きを行うことです。債務整理とは1つだけの手続きを指しているものではなく、いくつかの手続きの選択肢があるこ...

債務整理は経験者の体験談を参考にすると

債務整理の方法には、良く知られている自己破産のほかに任意整理、特定調停、個人再生などがあります。債務整理の方法の選択は問題を抱えている人それぞれにベストな方法があるものの、その選択は大変難しく、素人では失敗してしまうこともあります。任意整理についてはデメリットも小さく、また何度でも行うことが出来ますので、よもや「方法を誤ったな」といった時でも、比較的後戻りはたやすいものです。特定調停は裁判所が介入...