任意整理を行う上での注意点は?

任意整理を行う上での注意点は?

任意整理を行う上での注意点は?

借金があれば、毎日お金のことを考えて、先のことを明るく考えることなんてできなくなってしまいます。任意整理は借金を整理するための一つの手段で、毎日を明るく生きられ、未来を考えることができるようになるための手段です。任意整理は自分で借金の整理を行うところ、行わないところを決めることができ、さらに話し合いで決めるため、誰にも知られずに行うことができるというメリットがあります。しかし、注意点があります。 まず、現在使用しているクレジットカードが利用できなくなる点です。消費者金融やクレジットカード会社は信用情報機関に加入しています。お金を借りて、それを返済することができなかった場合にはその情報が共有できるため、自社以外での利用で返済が滞ったりしている場合の情報がわかります。そのため、他社で返済できなかった人が自社に申し込んできても「返済される可能性が低い」ため、クレジットカードが発行できなかったり、お金を借りることができない可能性が高いのです。同じ信用情報機関に加入している他社の借金の整理を行った情報は信用情報機関に掲載されます。そのため、新たな利用ができなくなってしまいます。そのため、携帯電話料金や保険の支払いをクレジットカードで行っていた人は、銀行振り込みなどに変更しなければならなくなります。新規の利用ができなくなるため、なにかを購入するときにも現金か銀行振り込みを行わなければなりません。社会人で、どうしてもクレジットカードの1枚は欲しい、という時には、デビットカードを持つという選択肢もあります。デビットカードならば、利用の方法はクレジットカードと同じでありながら、銀行の口座から直接引き落としになります。そのため、銀行の残高が利用代金よりも少なければ購入することができない点は注意点となります。 また、一度借金の整理を行った後に新たにお金を借りる必要が出てきたけれど、どこも貸してくれない…というようなケースでは、違法な業者に手を出してしまう人もいます。それが積み重なった結果、自己破産をしなければならなくなることもありますが、そのような場合にはもう一度任意整理を行うことも考えてみましょう。回数の制限がないため、一度任意整理を行った後でももう一度行うことが可能なのです。最近では「再和解」という、二度目以降の任意整理を手掛ける司法書士や弁護士事務所もあります。困ったら、まずはプロに相談してからの方が良いでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理を行う上での注意点は?関連ページ