任意整理の手続き&流れ|初めてなら知っておきたいこと

任意整理の手続き&流れ|初めてなら知っておきたいこと

任意整理の手続き&流れ|初めてなら知っておきたいこと

任意整理をする際の手続きの流れとして、一番初めに行うことは、弁護士などの法律相談があり、貸金業者などの取引期間や現在の借金の残高などを聞き、任意整理が可能か相談することになります。依頼することになった場合、弁護士との間で委任契約を締結し、依頼料を払い、任意整理の手続きを開始することになります。それぞれ料金は弁護士事務所などによって違い、また、分割払いにも対応しております。手続きを行うことになった際の流れは、まず、債権者に対して受任通知を送付することで、債権者からの直接の電話などの取立てを停止させることになります。受任通知は、受任契約締結の日に送付し、受任通知の送付と同時に取引履歴の開示も請求します。貸金業者などからの取引履歴の開示を受けたあと、それを元に引き直し計算を行い、正確な借金総額を確認し、過払いなどがないか調べます。取引履歴の開示には時間がかかり、開示がされなかった場合は、再度開示を請求するか、もしくは、その他の資料に基づき推定計算を行います。差し引き計算の方法は、法定外利息で返済した金額から、法定内利息で計算しなおした金額を差し引き、この差額が過払い金の元本となります。受任通知を送付したら、債権者からの直接の取立ては停止されますが、返済がなくなったわけではないため、弁済原資金の積み立てを開始します。積み立てられた弁済原資金は、弁護士費用などを差し引いて、書く債権者に対する弁済の頭金などに使われます。引き直し計算で、過払い金が発生していることが判明した場合、債権者に対して、過払い金の返還請求を行います。回収した過払い金は、弁護士費用などをさ差し引き各債権者にたいする弁済の頭金などに使われ、多かった場合には、債務者に返金される場合もあります。それぞれの手続きが完了したら、任意整理における返済条件を定めるための和解案を作成し、利息のカットや分割払いの方法などを定め、作成した和解案は各債権者に送付されることになります。それを元に、各債権者と交渉しますが、交渉も難航し、応じない業者もあります。交渉がうまくいかない場合には、特定調停手続きを利用する場合もあります。ある程度の和解案を示したら、裁判所がその和解案に沿った決定を出してくれることがあります。債権者との話がついた場合、和解契約を締結し、口頭でも大丈夫ですが、後のトラブルを避けるために、和解書を取り交わします。和解契約が成立したら、和解内容に基づき返済していくことになり、通常は弁護士費用などを完全に払い終わってから支払いが始まります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の手続き&流れ|初めてなら知っておきたいこと関連ページ