任意整理の進め方|誰に依頼する?費用や期間は?

任意整理の進め方|誰に依頼する?費用や期間は?

任意整理の進め方|誰に依頼する?費用や期間は?

債務整理の方法には幾つかの方法が用意されていて、弁護士や司法書士などに依頼をすると、どの方法で債務整理を行うのが一番良いのかを考えてくれます。債務整理をすると、取り立てを受けている場合、取り立てがストップしますが、これは弁護士などに依頼をすると受任通知と呼ばれている書類を債権者に対して送付し、受任通知を受け取った場合は直接債務者に交渉を行う事が禁じられているからです。また、債務整理をすると借金が減額する事や、債務が全て免責となり支払義務がゼロになることも在ります。どのような方法で債務整理をするのが良いのかは、弁護士が債務者からの話を聞いて、状況や借金の種類、件数などに応じて決めてくれると言う事なのです。そのため、債務整理の進め方と言うのは、弁護士や司法書士に対して相談を行い、質問に対して正しい事を伝える事から始める事になると言う事です。任意整理は債務整理の中でも最も多くの人が行っている債務整理だと言われています。但し、借金の減額が行われた後の債務と言うのは支払い義務が残るため、支払能力が在る場合に限り利用する事が出来る債務整理です。また、任意整理は借金全てではなく、債務整理を行う借金の種類を選べると言う特徴が在ります。自己破産などの場合は全ての借金が対象となるため、連帯保証人を立てている場合などでは保証人に対して迷惑をかけてしまう事も有りますが、任意整理は連帯保証人を立てている借金を除外して債務整理が出来るため、保証人に迷惑をかけずに済むと言う特徴も在ります。任意整理の進め方は、弁護士や司法書士が任意整理で債務整理を行う事を決めて、債務者に了解を得ると受任通知を債権者に送り、同時に取引履歴の開示を求めて過払い金の有無を確認します。過払い金は過去の借金返済の中で、余計に支払っていた利息のことを意味しており、利息制限法の上限金利を超える金利でお金を借りている場合、本来支払う必要が無い過払い金が発生している可能性が在り、過払い金の有無を確認するため取引履歴の開示を求めると言う事です。過払い金が発生している場合は、過払い金請求を行って過剰利息を取り戻すことが出来ます。また、債権者との交渉を行って借金を減額し、今後の支払いによる金利の見直しなどを行うなど、弁護士や司法書士が話し合いをして定めて行くことになります。尚、交渉を行って減額をされた借金は、決められた期間の中で返済をして完済を目指すと言う進め方になります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の進め方|誰に依頼する?費用や期間は?関連ページ