任意整理と債務整理の違い|借金解決方法の選び方ガイド

任意整理と債務整理の違い|借金解決方法の選び方ガイド

任意整理と債務整理の違い|借金解決方法の選び方ガイド

借金問題を解決するのに、債務整理と任意整理はどっちがいいの?こんな質問をされる方もおられるかもしれません。この質問は一つの大きな誤解を含んでいますので、まずそれを解いておかなければなりません。まず、債務整理と任意整理は、ある意味で同じものだといえます。どんな意味でそういえるかといえば、債務整理というのは自己破産や特定調停など、諸々の借金問題解決手段をまとめた言葉であり、その中に任意整理も含まれているのです。したがって、債務整理が任意整理も含めた言葉であるという意味において、両者は同じものだということができます。まずは、この点をよく理解しておいてください。一方、債務整理には任意整理以外にも、自己破産、個人再生、過払い請求、特定調停など、いくつかの借金整理手段がありますが、これらと任意整理には内容的な違いがあります。最も大きな違いとして挙げられるのは、裁判所の関与の有無の違いです。まず、自己破産や個人再生で手続きする場合は、必ず裁判所に申立を行わなければなりません。借金問題では債務者と債権者がいますが、この両者の間に裁判所が入って解決に導いていくスタイルが、自己破産や個人再生です。ところが、任意整理では裁判所を解さずに、当事者の債務者と債権者だけで直接話し合いを行い、借金返済の見直し手続きを行うことができるのです。法的な手段で解決するか、当事者で解決するか、ここが大きな違いのポイントです。 債務整理には、いくつかの種類があります。多くの人が聞いたことがあるのは、自己破産という言葉ではないでしょうか。自己破産も債務整理の一種であり、手続きをすることによりこれまでの借金をゼロにすることが出来ます。ただし、手続きをしたからと言って、全ての人が認可されるわけではありません。例えば、借金の原因がギャンブルであった場合には、自己破産は難しいとされています。そこで、ギャンブルが原因でも借金を減らすことが出来る債務整理の方法として、任意整理というものがあります。自己破産の手続きとは違い、裁判所を通す必要はありませんし、官報にも掲載されることはありませんので、家族や職場の人に任意整理の手続きをしているということを知られることは少ないと言えます。任意整理と自己破産の違いは他にもあります。それが、手続き後の生活です。自己破産が認められた場合、その代償として一定期間、一部の職業に就くことが出来ないというデメリットがあります。しかし、任意整理の場合はそのようなこともなくどのような職業にも就くことが出来ます。また、自己破産では、複数の債権者がいるという場合には、すべての債権者に対して手続きを行うことになりますが、任意整理では一部の債権者を選んで手続きを行うことが出来るということも大きな違いとして挙げられます。任意整理では、借金額にもよりますが、これまでの5分の1程度に減額されるということが多いようです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理と債務整理の違い|借金解決方法の選び方ガイド関連ページ