任意整理のリスク|最大のリスクとは何か?

任意整理のリスク|最大のリスクとは何か?

任意整理のリスク|最大のリスクとは何か?

借金の返済負担を軽減させる為の方法として、債務整理を行う選択肢があります。債務整理を行えば、債務の一部又は全てを免除することが可能です。どれだけの債務を減少出来るかと言うことは、選択する手続きによって異なります。個人再生は債務を5分の1程度に減額することが可能で、自己破産は全ての債務を免除することが出来ます。ただしこれらの手続きは裁判所に申請する必要が有る為、手続きが大掛かりになってしまいます。その為、まず最初に検討する債務整理の手続きとして、任意整理が挙げられます。 任意整理は個人再生や自己破産と比較すると、債務の減額効果は小さいです。基本的に元本は継続して返済して行き、利息負担のみを減少させることが出来ます。債務を大幅に減額出来る個人再生や自己破産と比べると、メリットが少ないように思えますが、裁判所を通じて手続きを行う必要が無い為、比較的手軽に実行することが可能です。その為、最も多くの債務者に利用されている手続き方法です。 ただし手軽に利用出来るとは言っても、手続きを行うことによるリスクも存在しますので、安易に利用するべきではありません。任意整理を行うことによる最大のリスクは、ブラックリストに載ってしまうことです。ブラックリストと言う言葉を度々耳にすることがありますが、実際にブラックリストと呼ばれているリストが存在する訳ではありません。信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されてしまうことを、一般的にブラックリストの載ると表現されます。信用情報に事故情報が登録されてしまいますと、新規の融資を受けたりクレジットカードを作ったりすることが出来なくなってしまいます。債務整理を行えば新規の融資を受けることなどを法律で禁止されている訳ではなく、あくまでも各社の判断に委ねられています。しかし融資審査やクレジットカードの申込み審査の際には、必ず申込人の信用情報を照会しますので、その際に事故情報が残っていれば間違いなく審査には通りません。 任意整理の場合は、事故情報が登録されている期間は概ね5年間ほどです。個人再生や自己破産の場合も信用情報機関によって期間は異なりますが、5年から10年ほど事故情報が残ってしまいます。債務の減額効果に比べて、事故情報が登録される期間にあまり大差がありませんので、相対的に任意整理によるリスクが大きく感じられます。 手軽に利用出来ても、被るリスクは決して小さくありませんので、熟考してから実行することが大切です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理のリスク|最大のリスクとは何か?関連ページ