任意整理による連帯保証人への影響について

任意整理による連帯保証人への影響について

任意整理による連帯保証人への影響について

債務整理を行えば借金の返済負担を軽減させることが出来ますが、気になることが保証人に対する影響です。主債務者が債務整理の手続きを行った場合、もし保証人が設定されていれば債権者は主債務者に代わって保証人に弁済を求めます。保証人には親族や友人など親しい間柄の人になってもらっている場合が多いですので、その人との信頼関係にも大きく影響して来てしまいます。保証人に対して請求が行われた場合は、保証人は主債務者に代わって借金を返済するか、保証人も債務整理を行うかと言った方法を選択することになります。保証人がどちらの方法を選択したとしても、かなり大きな影響を与えることになりますので、出来るだけ保証人には迷惑をかけないように手続きを行いたいです。その様な場合は、個人再生や自己破産ではなく任意整理を選択することが必要となります。 任意整理は文字通り任意で債権者と交渉を行いますので、手続きの対象を自由に選ぶことが可能です。その為、保証人が設定されている債務を手続きの対象から外すことが可能です。一方、個人再生や自己破産は全ての債務を手続きの対象としなければいけない為、保証人にも影響が及んでしまうことは避けられません。個人再生や自己破産は大きな債務の減額効果が見込まれる一方、任意整理は利息程度の負担しか減少させることが出来ませんので、主債務者にとっては個人再生や自己破産を選択したいと思ってしまいますが、保証人への影響を考慮すると任意整理を選ばざるを得ません。 しかし、どの債務整理の手続きを選択するかは、主債務者が自由に選択することが可能です。保証人に迷惑をかけたくないと考えて任意整理を選択するケースもありますが、個人再生や自己破産を選択することを原則として保証人が止めることは出来ません。その為、他人の借金の保証人になることには、熟考することが必要です。また保証人と連帯保証人の違いも認識しておくことが必要です。もし主債務者が返済出来るだけの資力があるにも拘らず返済を怠って、保証人に対して債権者から請求が来た場合は、保証人でしたら主債務者に資力があることを理由に債権者に対して主債務者に請求するよう要求することが可能です。しかし、連帯保証人の場合は、主債務者に資力が有ったとしても債権者からの請求を逃れることが出来ません。このように連帯保証人はかなり大きな責任を課せられますので、安易に連帯保証人になることを受け入れるべきではありません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理による連帯保証人への影響について関連ページ