任意整理で過払い金を取り戻すための流れまとめ

任意整理で過払い金を取り戻すための流れまとめ

任意整理で過払い金を取り戻すための流れまとめ

任意整理とは、債務整理の一種であり、債務整理の中で最も簡単な手続きなので一番最初に検討されるものです。任意整理は、金融機関と交渉して利息を減額もしくはゼロにしたり、返済期間を延ばしてもらって借金を無理なく返済できるようにしてもらう制度です。個人で交渉することもできますが、実際には難しいので、ほとんどの場合は弁護士が金融機関との間に入って交渉することになります。個人再生のように元本までも大幅に減らせるわけではなく、自己破産のように借金をゼロにできるわけでもありませんが、その分デメリットも小さく、手続きにかかる期間も短くてすみます。弁護士に債務整理の依頼をすると、債務整理を行なう前に弁護士は過払い金の有無を調べて、払いすぎたお金がある場合には返還請求をすることになります。そして、返還請求をしたことにより戻ってきたお金の分を差し引くと、債務整理をする必要がない場合にはそこで手続きは終わりになり、なお返済困難な借金が残っている場合には債務整理を行なうことになります。任意整理と過払い金返還請求はセットで行なわれることも多いため、両者を混合しがちですが、両者は全く異なる手続きです。任意整理をすると、金融事故となるので個人信用情報におよそ5年間ブラック情報が載ってしまうというデメリットがあります。およそ5年間が経過するまでの間は、クレジットカードやローンが利用できなくなります。一方で、過払い金返還請求をしても、ブラック情報はのりません。利息制限法の上限を超えた金利で利息を支払っていた場合には、払いすぎていたお金を返してもらうように請求する権利は当然にあるものであり、そこにデメリットがあってはならないからです。昔は過払い金の返還請求をしただけでもブラック情報に載っていましたが、現在では利息制限法を超えた金利を設定していた貸金業者の責任のほうが重いと考えられており、消費者の側には返還請求をすることになんらデメリットはありません。弁護士費用や手間を考えると、少額の返還請求ではメリットがありませんが、一定以上の金額が戻ってくるなら、積極的に返還請求を行なうとよいでしょう。注意点としては、過払い金の返還請求をするだけならブラック情報は載りませんが、返還請求をした後もなお返済困難な借金が残っている場合には、原則として債務整理をしなければならないことです。債務整理をすると、ブラック情報が信用情報に載ってしまうので注意が必要です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理で過払い金を取り戻すための流れまとめ関連ページ