任意整理の委任状ってなに?具体的な中身を解説!

任意整理の委任状ってなに?具体的な中身を解説!

任意整理の委任状ってなに?具体的な中身を解説!

債務整理の方法の一つでもある任意整理は弁護士や司法書士に対して依頼をすることで債権者と話し合いを行い、借金を減額させたり、金利の引き下げなどに対する交渉を行って借金でもある債務を整理する事が出来ます。任意整理は他の債務整理と違って、裁判所を利用する事無く手続きを進められることや、借金の種類を選んで整理する事も出来ると言った特徴が在ります。尚、任意整理の多くは債権者との話し合いを行う時には和解条件を出して行うケースが多く、法律を利用して借金問題を解決する事からも弁護士や司法書士に依頼する事が大半を占めます。弁護士や司法書士に依頼をすることで受任通知と呼ばれる書類を債権者に対して送付するのですが、この書類を受け取った債権者は、直接債務者に対して面会や連絡をすることが出来なくなります。1日に数回の催促の電話や、定期的な面会などが在ることでストレスに感じる債務者は少なく在りませんが、弁護士などに依頼をすることで催促や取り立てと言った事を停止させる効力が受任通知には在ります。所で、弁護士や司法書士は債権者との交渉する場合は、法律上での代理人と言う形になりますが、代理人と言っても口約束でお願いをしますと言う事では法律が許してくれません。代理人として弁護士や司法書士を選任する場合は、債務者からの委任状が必要になると言う事です。委任状は、債務者に代わって債務整理でもある任意整理を受任している事を記す証明書のようなもので、委任状を受け取ることで弁護士や司法書士は初めて債務者との交渉や話し合いを行う事が出来るようになると言う事です。尚、委任状は法律事務所や法務事務所に最初に借金相談を行った時点では必要が在りません。借金相談を無料で行っている所が増えているのですが、相談と言うのは現在の状況がどのようになっているのか、何社からの借金を抱えていて、借金の総額はいくらになるのか、債務者の収入はどの程度在るのかなど、弁護士や司法書士が質問をするので、それに答える事で債務整理の方法を定めてくれます。任意整理の場合は、減額後の債務の支払い義務が残るため、一定の収入が在る事などが条件となりますが、債務整理の依頼をすることに決めた場合に委任状を作成して弁護士や司法書士が初めて行動をすることが出来るようになり、その後で受任通知を債権者に対して送付すると言う流れになります。尚、書類には債務者の氏名、印鑑、代理人となる法律事務所などの名前などを記載する事になるので、印鑑を忘れないようにすることが大切です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の委任状ってなに?具体的な中身を解説!関連ページ