任意整理の影響をできるだけ小さくするコツまとめ!

任意整理の影響をできるだけ小さくするコツまとめ!

任意整理の影響をできるだけ小さくするコツまとめ!

債務整理の中でも、最も手軽に利用出来る手続きが任意整理です。裁判所を通さずに手続きが行えますので、最も多くの人に利用されております。しかし手軽に利用出来るとは言っても、メリットだけでなく個人再生や自己破産と同様にデメリットとなる点もありますので、十分に検討してから手続きを実行することが必要です。 任意整理によるプラスの影響は、主に利息の負担を減少できることです。債権者との直接交渉によって、交渉成立後の利息を全て免除してもらうことも可能です。また適用されている金利が利息制限法の上限金利を超えている場合は、金利の引き直しによって払い過ぎていた利息を元本の返済に充当することが可能です。その結果、元本を完済もしくは大幅に減額することも出来ます。その他にも、分割回数の見直しなどを行うことも可能です。利息を免除することが出来て利息負担が発生しなければ、分割回数が多くなればなるほど債務者にとっては有利です。 このように任意整理は主に利息負担を抑えることが可能ですが、原則として元本はそのまま返済して行くことになります。ですので、個人再生や自己破産のように元本の返済額を大幅に減額出来る手続きと比較すると、メリットが小さいとも言えます。 一方、マイナスの影響としては信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されてしまうことです。この事故情報が記録されることが、所謂ブラックリストに載ると言われることですので、その後は新規の融資などを受けることが出来なくなってしまいます。またクレジットカードを新規作成することや保証会社を保証人とするような賃貸契約も結べなくなってしまいます。事故情報が記録されている期間は信用情報機関によって異なるのですが、任意整理の場合は概ね5年ほどです。個人再生や自己破産の場合も同様に信用情報に事故情報が記録されるのですが、その期間は5年から10年程度です。債務の減額効果が大幅に違うにも拘らず、事故情報が記録されている期間がそれ程大きく変わらないですので、実行する手続き方法は慎重に選ぶことが必要です。 影響はあくまでも主債務者本人のみにありますので、家族など周囲の方に影響することは原則としてありません。もちろん借金を返済すると言うことは家計にも関係して来ますので、間接的には家族にも影響が及んでしまうことがあるかもしれません。ただし任意整理を行うことによって、返済負担を少なからずとも減少させることが出来ますので、手続きを行う前よりも状況が改善出来ることは間違いありません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の影響をできるだけ小さくするコツまとめ!関連ページ